日本にとって、共通の価値観を共有ができない国々の事を、初心者でもわかるように伝えるのが目標です。上級者には物足りないと思いますが、よろしくお付き合いください。 きゅうじとは【救治】【急事】【灸治】 【旧辞】【旧時】【旧事】から名付けました。

★報道ステーション「中国の一帯一路政策は経済政策だとばかり思っていた」←ばかなの?いわされてるの?


チャイナはどうして軍拡すると 

港を見つめに来るのでしょうか♪

OGが飛んだ♪

スリランカも飛んだ♪

チャイナは港を支配するのね♪

youtu.be

富川アナ「中国の一帯一路政策は経済政策だとばかり思っていたんですけど、軍事的拡張も狙ってのことだったんですね」 左矢印ツッコミ殺到です。

 富川さん。一帯一路が純粋に経済的な政策だと本気で思ってた?嘘はやめようよ。

誰がどう考えても軍事的なものも兼ねてる、というかむしろそっちがメインに決まってるだろ。

でも、もしガチで言ってるならただの情弱。

そんな奴に司会させてる報ステって、、、

 

★おさらい。

下矢印下矢印下矢印

スリランカの港 中国が99年間の運営権

中国が海洋進出を進めるうえで重要な拠点になると見られるスリランカ南部の港が、99年間にわたって中国に譲渡されることが正式に決まり、中国のインド洋での存在感が一段と高まることになりそうです。

スリランカ南部のハンバントタ港は、中国がおよそ14億ドルを融資して建設が進められている南アジア最大級の港ですが、民間企業の進出が進まず、スリランカ政府は中国への借金の返済にめどが立たないことから、中国側と協議を続けてきました。


その結果、29日に11億ドルの借金を事実上免除する代わりに、中国企業が港の管理会社の株式の70%を保有し、99年間の運営権を持つことで双方が合意しました。

ハンバントタ港をめぐっては、当初、ことし1月に合意文書が交わされる予定でしたが、港の警備を中国側が担うとなっていたことに政府内から「中国による植民地化だ」などと反対の声が上がったほか、インドなど周辺国からも懸念が示されたため、今回の合意では警備はスリランカ政府が行うと変更されました。

ハンバントタ港はシーレーン海上交通路に面していて、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」の重要な拠点になると見られていて、中国のインド洋での存在感が一段と高まることになりそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170730/k10011080351000.html

支那(中国)は白人国家が、香港やマカオでやった事と同じことを行っている。

港としてはオーストラリアのダーウイン港でも同様に支那企業が99年間の貸与を受けている。

ここは南シナ海における米軍の駐留基地の側なのだが、この貸与により米軍艦隊も入港の際、支那企業のチェックを受ける状況になってしまった。

支那(中国)は経済支援という名目で相手国を借金漬けにし、高利の為、返済不可の状態に追い込み植民地化するのが、常套手段だ。

知っていますか?

南シナ海も含めると、支那(中国)に完全にシーレンが支配されることになったんですよ。

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

★豪州・ダーウイン港右矢印99年租借


パキスタン・グワダル港右矢印43年租借
ギリシャピレウス右矢印買収

スリランカ・ハンバントタ港右矢印99年租借

★関連動画 26:00~

http://www.miomio.tv/watch/cc334680/左矢印クリック

どう考えてもただの経済政策じゃないだろうが!

★関連動画

youtu.be

江沢民反日教育で完全に●っています。

★関連ブログ

ameblo.jp

注目すべきは買収された森林のほとんどが北海道にあること、そして香港・台湾を含む中国系の土地取得者による買収面積が81%にものぼる点だ。

ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆

日本の危機が目の前に迫っています。

安倍首相が退陣などになったら、沖縄も北海道も本当に支那(中国)領になってしまいます。

この危機的状況下で

「安倍辞めろ」とか言うやつは売国奴以外の何ものでもないのではないでしょうか。。

私たち日本国民は現在の状況をきちんと正しく把握することが最重要課題なんです。

既存メデイアによるくだらない報道や聞きたくもない、国会で日本の核武装について言及した維新の足立議員のように、今、必要なのは国防に絡む安全保障が一番大事なんだという事をあらためて認識してもらいたいと思います。

関連ブログ

きゅうじのブログアメブロ

ameblo.jp

愛国倶楽部

blog.livedoor.jp