日本にとって、共通の価値観を共有ができない国々の事を、初心者でもわかるように伝えるのが目標です。上級者には物足りないと思いますが、よろしくお付き合いください。 きゅうじとは【救治】【急事】【灸治】 【旧辞】【旧時】【旧事】から名付けました。

★外国人健康保険証配布への厳格化を求む!

生活保護世帯、最多更新=5カ月連続増厚労省

厚生労働省は6日、9月に生活保護を受給した世帯が前月より35世帯多い164万2273世帯となったと発表した。5カ月連続で増え、過去最多を更新した。高齢者世帯の受給増が要因。一方、受給者数は212万5803人と6カ月連続で減少した。 受給世帯(一時的な保護停止中を除く)を見ると、「高齢者」が86万4792世帯と52.9%を占めた。このうち単身は約9割に当たる78万6211世帯。高齢者以外では、「傷病者・障害者」が41万9362世帯、「母子」が9万2714世帯、失業者を含む「その他」が25万6792世帯だった。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017120600582&g=eco

www.jiji.com

 

まず政府がやるべきことは外国人を年金・生活保護から排除すべきなんです。

この中に何人の外国人がいるのでしょうか。

そして税金も年金もいままで払いもせず、年金を受領している外国人が何人いるのでしょうか?

生活保護はいわば最後の砦です。

同じ日本人であれば問題は感じません。但し、日本に不要な外国人に支給するのはまったく必要ないと思います。 

特にあの民族特有の精神病患者は祖国に送り返すべきです。  

 

生活保護や年金ばかりではありません。

前回のブログでも書きましたが、健康保険も外国人によって食い物にされています。

ameblo.jp

そこでどうするべきか考えて見ました。

ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆ライン2〆

※外国人健康保険証配布への厳格化

①健康保険の発行は日本国への課税証明書が皆無の場合は一切の発行を認めない。

②一定の期間数を満たさず、日本の健康保険制度を利用し、本国へ帰国した場合には医療費を全額返還する。本人に支払い責任能力や、行方が分からない場合は、保険証の発行時の会社が使用された医療費を全額負担する。

 

③外国人への健康保険の発行は、日本国へ課税義務年数を経て負担額を軽減する。

※課税証明書が発行できない期間は健康保険証の発行は認めない。但し、企業により所得より徴収される場合は初年度から健康保険証の発行が認められるが②は適用とする。

~5年8割負担

5年~5割負担 

10年以降、日本国籍者と同一とする。

アメリカ等の他の国の医療機関に比べたら 10割負担でも安いはずです。

 

配偶者が外国籍の場合、妻、夫への健康保険の加入は日本国籍者と同一とするが、外国籍配偶者の家族、親戚や海外にいる嫡子については健康保険の加入は認めない。

但し、正式な手続きを経て日本に居住する場合は上記①~③の定めを履行すれば健康保険の取得を可能とする。

 

⑤外国人の健康保険証については本人の確認が容易でない為、写真付にて発行とする。医療機関で保険証提示の場合、外国人登録証かパスポート等(顔写真があるもの)と健康保険を一緒に提示する事とする。

日本で出生したとしても外国籍の場合は同様とする。但し、外国籍の両親が①と③期間(10年以上の税金の支払い義務)を満たしたものは日本国国籍者と同様とする。④の配偶者でも同様とする。また日本国籍者との婚姻により生まれた子は日本国籍者と同様の権利を有するが国籍の選択により外国籍を本人が選択した場合はその限りではない。

 

ちょっと思いついたので書いてみました。