日本にとって、共通の価値観を共有ができない国々の事を、初心者でもわかるように伝えるのが目標です。上級者には物足りないと思いますが、よろしくお付き合いください。 きゅうじとは【救治】【急事】【灸治】 【旧辞】【旧時】【旧事】から名付けました。

㊗上西小百合『全局一斉出禁』

上西小百合、タレント転身も「全局が一斉出禁」の衝撃情報!

f:id:kiyuuji:20171023213923j:plain

10月22日投開票の衆院選に出馬せず「タレント転身」を表明している上西小百合衆院議員。
2012年12月の当選以降、“国会サボり疑惑”はじめ今年に入っても“くたばれレッズ発言”など様々な話題を振りまいてきた上西氏だが、いよいよタレントとしてデビューを果たす。
これまでも「サンデー・ジャポン」(TBS系)などいくつかのテレビ番組でインパクトを残してきた彼女だけに、タレント転身後も引く手あまたかと思いきや、業界内から手厳しい意見が聞こえてきた。
「先日の不出馬会見で『タレント転身』を明言したのは悪手だったとしか思えません」と語るのは広告代理店関係者だ。
「あの会見の後、各局で今後、彼女を番組に起用するリスクについて検討が進んでいるんです。で、あるキー局関係者の中には厳しすぎるのではと思うぐらいの扱いを訴える人間もいるんですよ」
上西氏に対する“厳しすぎる扱い”とは?
「あくまでもタレントとしては『出禁状態にすべき』という見解です。その理由は『国民の税金を使う議員の立場を利用して炎上騒動を繰り返し、知名度を高めた人を“タレント”として起用するのは社会通念上好ましくないのでは』ということ。スポンサーの中にも同様の見解を持っているところが複数あって、議員時代のようにテレビに出ることは極めて難しいのではないかと思います」
これまでに1億7000万円とも言われる税金が彼女に投入されていたことを考えれば妥当な扱いのようにも思えるが、さらにこの広告代理店関係者は「タレント・上西小百合」の今後について語る。
「視聴者からスポンサーに批判が殺到することが容易に予想でき『全局一斉出禁』の状態になることも十分にあり得る。“タレント”と自称しなければ、ここまでの事態にはならなかったのですが…」
「タレント・上西小百合」の行く手には大きな壁が立ちはだかっているようだ。
全文はこちら↓

news.livedoor.com

正直、彼女を初めて見たときから嫌悪感しか湧かなかった。
よく彼女はメンタルが強いと聞くが、それは間違いだ。空気が読めず、自己中心的な人間だ。メンタルが強いのではなく、人の話を全く聞かない、いや、理解できないのだ。

f:id:kiyuuji:20171023214150j:plain

そしてなぜかお約束の上から目線。

f:id:kiyuuji:20171023214311j:plain

どこをどうしたらこのような人間が形成できるのか理解に苦しむ。
やはり、あの民族の血でも入り込んでいるのだろうか。

f:id:kiyuuji:20171023214624j:plain

それこそ「モリカケモリカケ」と騒ぐあの連中と同じだろう。

彼女の目標は杉村太蔵氏なんだろうが、その小さな夢すら叶わないだろう。
彼女はなぜここまで国民に嫌われているのかさえいまだに理解できていないはずだ。

それはタレントの水原希子も同様だ。

f:id:kiyuuji:20171023214518j:plain

一般人の私たちからすると彼女たちの存在は基地の外なのである。
人間20歳も過ぎれば、性格も顔に出るとよくいうがそれは本当だ。それはイケメンとか不細工とかそういう事をいっているのではない。
👁がいっちゃってるのだ。頭のねじが何本も足りないのだ。

f:id:kiyuuji:20171023214450j:plain

二度と見たくない人間の一人である。

ameblo.jp

f:id:kiyuuji:20171023214755j:plain

ameblo.jp

f:id:kiyuuji:20171023214823j:plain

f:id:kiyuuji:20171023214841j:plain

 

※出自はお察し・・・

kiyuuji.hatenablog.com