日本にとって、共通の価値観を共有ができない国々の事を、初心者でもわかるように伝えるのが目標です。上級者には物足りないと思いますが、よろしくお付き合いください。 きゅうじとは【救治】【急事】【灸治】 【旧辞】【旧時】【旧事】から名付けました。

みなさん覚えていますか?●詩織さんを・・・

f:id:kiyuuji:20170923031138j:plain

性犯罪の会見で共謀罪話にはびっくりでしたよね。その後は皆さんご存知の通り、パヨクの「人権祭」がはじまりましたよね。

f:id:kiyuuji:20170923031328j:plain

https://twitter.com/panpaka20

        結果

f:id:kiyuuji:20170916005359p:plain

元TBS記者は「不起訴相当」「性犯罪被害」検審 

f:id:kiyuuji:20170923031536j:plain

ジャーナリストの詩織さん(28)=姓は非公表=から「性犯罪被害を受けた」と指摘された元TBS記者の男性ジャーナリスト(51)に対する東京地検の不起訴処分について、東京第六検察審査会は22日、「(準強姦〈じゅんごうかん〉事件は)不起訴相当」とする議決を公表した。

議決は21日付。詩織さんが5月に審査を申し立てていた。
議決書は「不起訴記録及び申立人(詩織さん)の提出資料を精査し、慎重に審査したが、不起訴処分の裁定を覆すに足りる理由がない」としている。
議決を受け、双方が弁護士を通じてコメントを発表。詩織さんは「判断をしっかり説明していただきたかった。性犯罪、性暴力に関する司法、捜査のシステム、社会のあり方を変える必要性は引き続き伝えていきたい」。
元TBS記者は「一連の経過で犯罪行為を認定されたことは一度もなく、今回でこの案件は完全に終結した。名誉が著しく傷つけられ、法的措置も検討している」としている。
詩織さんは、2015年4月3日に当時TBSの記者だった男性と都内で会食した後、同日深夜から4日早朝にかけて意識のない状態で、望まぬ性交渉をされたと訴えていた。
審査申立書によると、警視庁は15年4月末に準強姦容疑で詩織さんの告訴状を受理。8月に書類送検したが、東京地検が翌年7月、嫌疑不十分で不起訴処分としていた。(藤原学思)
続きはこちら↓

www.asahi.com


※過去関連ブログ

ameblo.jp


さてと・・・
これから山口さんの反撃がはじまりますね。
応援します。ガッチリやって下さい。
裏で手をまわしていた夫婦はいまそれどころじゃありませんからw

f:id:kiyuuji:20170923031719j:plain


真実は皆さんがご存知の通り。

このハニトラ事件はうやむやにしてはいけないと思います。民進党にとどめを刺していただきたい。
人権、人権を騒ぐメディアはこっちをなぜ?取り上げないのだ!!

f:id:kiyuuji:20170916005359p:plain

元男組代表 添田充啓(高橋直輝)氏に受けた痴漢被害について

f:id:kiyuuji:20170923032026p:plain

※むかって左→添田充啓(高橋直輝)右は福島瑞穂
元男組代表・添田充啓(高橋直輝)氏から3年前に受けた痴漢被害について、謝罪を求めます。

f:id:kiyuuji:20170923032218p:plain

はじめに、痴漢行為については添田氏も事実を認めており、当初は私が要求した公開を前提とする謝罪文の作成にも応じていました。

しかし、書き上げられた謝罪文は事実について不足している箇所があり、また、添田氏の個人的な事情を長々述べて自己正当化をはかる主旨が見られたため修正を促したところ、一切の連絡を遮断され、以降、こちらからの呼びかけに応答のないまま3ヶ月近く経過しています。
全文はこちら↓

jfxaprt17.blogspot.jp


そろそろ実刑でいいんじゃない?

さらに・・・

f:id:kiyuuji:20170916005359p:plain
日本会議の研究』著者の性暴力事件裁判、いよいよ判決。この事件から見えてくること、考えるべきこととは

f:id:kiyuuji:20170923032154j:plain

氏は会うなりAさんに公安に追われている旨を記したメモを渡し、「今日一日ずっと尾行されている」「殺されるかもしれない」と怯えた様子を見せつつ、早急にPC作業をする必要があるのでAさんの自宅のパソコンを借りたいと申し出た。Aさんは戸惑ったが、その切羽詰まった様子からそれを承諾。ところが家に上がると菅野氏はパソコン作業をしながら・・・
※続きはこちらで・・・

www.lovepiececlub.com


そして・・・

f:id:kiyuuji:20170916005359p:plain

f:id:kiyuuji:20170923032537j:plain
ベストセラーの新書「日本会議の研究」で大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞の読者賞を受賞した著述家、菅野完(たもつ)氏(42)から性的暴行を受けたとして、女性が220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、
東京地裁は8日、110万円の支払いを命じた。
全文はこちら↓

www.sankei.com


人権はあんたたちの出番じゃないのか?

f:id:kiyuuji:20170923032632p:plain

f:id:kiyuuji:20170923032709p:plain

報道とかとは関係なく、きゅうじの身近でおきた同様の事件で、加害者が純粋な日本人というのは1回も聞いたことが無い。
ドイツハーフと在日朝鮮人、韓国人、日韓ハーフしか知らない。(実話