世界に発信 韓国の究極料理

きゅうじのブログアメブロ版より転載

2016-12-21 14:36:09
テーマ: 韓国の気持ち悪い食文化

強烈な臭いは世界有数、アジア最大とされており、口に入れた状態で深呼吸すると失神寸前になるといわれている。
人糞を使った究極発酵をホンタクといいます。

https://stat.ameba.jp/user_images/20161221/14/kujirin2014/18/81/p/o0259019413826210655.png?caw=800
洪濁(ホンタク、홍탁)はガンギエイ(洪魚:ホンオ、홍어)の身(ホンオフェ、홍어회)を人糞の中に数日間漬け込み、醗酵させた韓国料理のひとつ。

 

木浦(モクポ)はホンオ(ガンギエイ)の産地だ。ホンオ三合は木浦を代表する郷土料理だ。
ホンオは黒山島ホンオが最高級で、発酵させたホンオは羅州、栄山浦が元祖だが、発酵させたホンオと古漬けキムチ、そして茹でた豚肉を一緒に食べる三合の文化は木浦のものだ。ホンオ三合にマッコリまで合わせれば南島の食文化を代表するホンタクの完成だ。

https://stat.ameba.jp/user_images/20161221/14/kujirin2014/60/7b/p/o0240014713826210432.png?caw=800

発酵させたホンオは韓国料理の世界化を語る際に欠かせない食べ物だ。
この臭気を発する食べ物を外国人に薦めることができるかをめぐっては、国内飲食業界はいまだ意見が入り乱れている。
ホンオ三合に対する私の考えは明らかだ。西洋にも悪いにおいがする食べ物は多い。
フランスの伝統チーズの中には清麹醤よりも匂いが強いものもある。

韓国人全員が発酵させたホンオを好きなわけではないので、外国人全員がホンオを食べなければならない理由もない。重要なのは食文化だ。
 
食堂を高級に整え、西洋人のために椅子とテーブルを配置し、ホンオにまつわる話を飾り立てる注意を払えば、私たちの伝統料理も高級文化に変ずることができる。
ほんの20年前でも西洋人は皿に上がった魚の刺身を嫌悪した。しかし今や日本の刺身料理は西洋で高級料理として通用する。日本の洗練された食文化を見習うのも一案だ。
 
木浦に到着するやいなやホンオ三合を味わった。やはりホンオは奇妙な魅力がある食べ物だ。何となく心惹かれる味がする。発酵させたホンオと一緒にマッコリを飲んだが、マッコリよりも強い酒の方が合うようだった。
発酵させたホンオ自体の香りと味が強いので、これに勝つことができる強烈な酒が合うようだった。ウオッカウイスキーと一緒に発酵させたホンオをマリアージュすればどうだろうか。

네이버 :: 페이지를 찾을 수 없습니다.

(韓国語)
 
ホンタクとトンスルは間違いなく韓国起源OK

こんなのマジ無理だわ・・・